新ダイワ刈払機 新機構“AVS”搭載シリーズ

新ダイワ刈払機 新機構“AVS”搭載シリーズ

豊富なラインナップから最適な一台をお選びください。

新機構「AVS(Anti-Vibration System)(ワンウェイクラッチ)」を搭載した新型刈払機が続々登場。意図的にアクセルを緩め、再度アクセルを握るスロットルワークでも加速時の刈刃速度が速く、再加速性に優れます。また、低速に減速した際はクラッチからの動力伝達がオフになることで、半クラッチ時の振動をカット。防振性に優れ、作業者への負担を軽減します。

RA3123シリーズ

様々な作業にマッチング 軽さとパワーのベストバランスモデル。各部を徹底的に見直すことで、軽量化と低振動化を実現しました。

詳細はこちら

RA3126シリーズ

高出力を効率よく伝達するために大型クラッチを採用。各部を徹底的に見直すことで、軽量化と低振動化を実現しました。

詳細はこちら

RK3032-PT

疲労感を軽減する新フレームを採用した背負式刈払機。人間工学的に考え、背面全体で支える構造となったことで高排気量・高出力を生み出すエンジンを背負っても肩への負担が少なく、疲労感を軽減。さらに体に密着する作りとなり、足場の悪い場所での作業効率も向上。

詳細はこちら

特徴

  • 新機構AVS

    意図的にアクセルを緩め、再度アクセルを握るスロットルワークでも加速時の刈刃速度が速く、再加速性に優れます。また防振性に優れ、作業者への負担を軽減します。

  • 4流掃気シリンダー

    高出力を発揮する4流掃気シリンダーは燃焼効率に優れた構造で、未燃焼ガスの掃気ロスも少ない環境にやさしい技術です。

  • 大口径クラッチドラム

    エンジン出力を効率よくドライブシャフトに伝えることができ、ナイロンカッターにも余裕をもって対応できます。

  • Softスタート

    リコイルを引くと同時にアシストスプリングがエンジン始動をアシスト。「軽く・ゆっくり・短く」引くだけでエンジン始動ができます。