「驚き」ふたたび
9086_ext_01_0.jpg

「驚き」ふたたび

共立スピードスプレーヤ 発売60周年

1957年、長野県のりんご栽培農家に国産初のスピードスプレーヤが導入されました。人工的に発生させた風力を利用して短時間に薬剤散布するという光景を初めて目にした先人たちの驚きは想像に難くなかったことでしょう。以来、先進の防除性能と作業性にこだわって進化を深めた共立スピードスプレーヤは、2017年には発売60周年を迎えます。待望の600Lキャビンモデルもいよいよ登場。60年目の「驚き」をお届けします。

9086_ext_11_0.jpg

1957年 国産初のスピードスプレーヤ発売

1955年。スピードスプレーヤが初めて日本に導入。北海道余市町のりんご園経営者がアメリカのFMC・ジョンビーン社から輸入したものであった。当社は、これを見学、基本的な機構を参考にしながら、直ちに設計試作に取り組んだ。そしてスピードスプレーヤ「SS-1型」を開発、発売したのは、1957年5月のことであった。試作機1号機は、長野県小布施町のりんご園経営者のもとへ搬入され、当初はけん引車としてトラクターを採用。当時の果樹栽培は、防除と収穫が全労働時間の50%を占めていたので、スピードスプレーヤの導入は、生産性の向上に大いに役立ち、同時に品質の向上、経営の近代化に貢献した。

9086_ext_11_1.jpg

1965年 自走式スピードスプレーヤ誕生

わが国の果樹経営近代化の推進力となり、数々の奇蹟を生んできた共立スピードスプレーヤ。「SS」は従来の動噴にくらべて薬剤費は1/2以下、人手は1/25以下で済むうえ、大面積画一共同防除による防除効果の増大や果実の品質向上ができるなど、驚異的な生産性向上をもたらした。しかし、これまで販売していた「牽引式」では山間部などの日本特有の圃場では「小回り旋回性」の面で大きな欠点が指摘されていた。そこで、当社は1965年に傾斜地果樹園むけに開発された新しい構想の自走式SS「SSV-70」を発売。走行用・散布用にそれぞれ独立した2つのエンジンを持ち、走行速度によって散布能力が落ちたりする心配がなく、効率の高い散布作業が可能になった。

9086_ext_11_2.jpg

1994年 誘導ケーブル式無人スピードスプレーヤ

スピードスプレーヤの普及により作業効率は飛躍的に高まったが 夏場の防除は作業者の労働強度が著しく高く、 また共同防除組織も高齢化とオペレータ不足による組織の再編など、 様々な問題が見られるようになった。それに応えるべく1993年には農業機械促進法が一部改正され、「農業機械などの緊急開発事業」がスタートした。当社は国と共同で無人防除機の開発を緊急開発事業により進め、誘導ケーブル式無人スピードスプレーヤの製品化に成功した。

9086_ext_11_5.jpg

2000年 共立初のキャビン型スピードスプレーヤ

自走式スピードスプレーヤの誕生から35年後の2000年。多くの『SS』ユーザーの声に応え、共立初のキャビン型スピードスプレーヤSSV1088FSCが登場。飛散する薬液から作業者を守り、作業空間を快適に保つ「エアコン」装備のキャビンタイプ登場で、夏場における過酷な防除作業の負荷軽減に貢献。さらに、キャビン部はSS使用中の転倒などからオペレータを保護する観点で頑強な「フレーム構造」を採用。キャビン室内から操作できる「4輪操舵切り替え」「送風機」「薬液ポンプ」の各スイッチを前面パネルにレイアウトすることで、運転席での快適な操作性を追求。共立スピードスプレーヤの代表作となった。

9086_ext_11_3.jpg

2015年 世界初!電動式スピードスプレーヤを発売

少子高齢化や若者の農業離れが進み、かつては実り豊かな圃場も隣接地の宅地化が進み、農業機械から発生する騒音に関するSSユーザーの悩みが多く寄せられるようになった。都市部の農業経営者は近隣住民に気を遣い、早朝作業を遠慮しながらの作業も散見される。都市型農業を継続し、共存共栄していくには低騒音かつECOな農業機械の普及が急務であった。当社は100%電気で駆動する「電動式スピードスプレーヤ」を開発。一つのバッテリーで「走行用駆動モーター」と「送風用モーター」を同時制御。低騒音かつECOなスピードスプレーヤが誕生。都市型農業に対する新たな提案となった。

9086_ext_11_4.jpg

2017年 新しくなった600Lシリーズ

SS誕生から60年。装いを新たに、新生スピードスプレーヤ600Lシリーズがいよいよ2017年にぞくぞくと発売します。60年目の「驚き」をふたたびあなたにお届けします。

9086_ext_11_6.jpg

キャビンSS SSVH6061FSC

待望の600Lキャビンスピードスプレーヤがついに登場。運転席周りの車内空間を確保しながら快適な操作性を確保。キャビン全高は、「棚仕立て」の圃場でも十分使用できる、1.3mを確保。車内で運転しながら、薬液ポンプ、送風ファンをボタン一つで操作可能。さらに、新採用の「マルチファンクションディスプレイ」により、車速・圧力・送風ファンなどの防除作業に必要な情報が一目でわかります。キャビンスピードスプレーヤが防除作業をさらに快適に進化します。

9086_ext_11_7.jpg

SSV601Fの後継機 SSV6052F

大好評をいただいた「SSV601F」の後継機として、SSV6052Fが新たに登場。前乗りスタイルのSSに、旋回などで活躍する「パワーステアリング」や無段階で圧力調整ができる「電動調圧機構」を採用。散布方向を選べる「4分割薬液管」や風量を「低速」「高速」の2段階に切り替えられる「風量切り替え」を採用で、棚仕立ての圃場から立木防除まで幅広く活用できます。

9086_ext_11_8.jpg

伝統の中乗りスタイル SSV6053FS

伝統の中乗りスタイルのSSが、新しくリニューアル。4WSを搭載することで、狭い樹間の圃場や傾斜地などの旋回が難しい場所でも小回り旋回が可能。「電動調圧機構」を採用しているので、指先ひとつで任意に圧力調整が可能。さらに、排水用のワンタッチドレンを装備。タンクの清掃に活躍するだけでなく、株元への潅水作業にも使用でき無駄がありません。